誰も真似できない独自シグナルを手に入れる

ココスタ独自のTradingViewインジケータ |パーセント・ディガー(PERCENT DIGGER )

   コースの紹介動画を見る 今すぐ独自シグナルを手に入れる

値動きに遅れずついて行こうと頑張っていても、ポジションを持つたびに値段が逆行してしまう

投資・トレードの経験者ほど、そのような痛みを知っているものです。

いったい、成功しているトレーダーは何を参考に取引を行っているのでしょう

ひとつ確実なことは、「値段ではない何かを見ている」ということです。

たとえばゴールドを取引するトレーダーは、「金利」を見るかもしれません。

たとえば豪ドルを取引するトレーダーは、「資源価格」を確認するでしょう。

なぜなら、それらが取引対象の値動きを決めていくからです。

ところが取引に使うためには、「どれだけの違いが積み上がっているのか」を数字で確認することが必要です。

当ツールは、取引の対象に影響を与える銘柄との力関係を、TradingView上で表示できるようにしたものです。

具体的な事例を少し見てみましょう。


  • ゴールドが反発する場所を特定するために、金利との離れ具合を知りたい
  • 豪ドルの先行きを知るため、資源価格との位置関係を知りたい
  • 原油の価格に先導して動く指標との乖離を把握したい

もし上のいずれかを感じたことがある方は、すでに取引の経験値が大きい方かもしれません。

ところが取引対象段と比較対象の値段を比較することは、なかなか容易ではありません。

これをTradingViewのチャート上に、一発で数値化して表するのが当ツールです。

例えばゴールド価格が米国の長期金利に強い影響を受けることは、多くの人が知る事実です。

下のチャートは、それら2つを目視で比較出来るよう重ねてみたものです。

金利とゴールドが密接に関わり合いながら動いていることが分かります。

ただ、現実の取引では「どこで入るべきなのか」こそが最も知りたい情報になります。

ではゴールドと長期金利とを当ツールで比較してみましょう。

当ツールが「-20」へ到達したポイントに黄色の縦線を入れています。

これはつまり、ゴールド価格が金利よりも「-20」だけ「売り込まれている」ことを表しています。

結果論ではあるものの、綺麗な買い場を見つけることが分かります。

入力すべき銘柄のリスト付き

取引の対象と何を比較すれば良いのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで当コース内に、代表的な比較銘柄の事例リストを公開しています。

入力すべき比較銘柄のリスト

事例では「ユーロドル」「ゴールド(ドル建て)」「豪ドル」を取り上げています。

受講直後から即戦力で使える設定です。ぜひ活用してください。


追記(2021年6月16日)

当ツールは受講生の方が希望される比較対象との乖離を数値化することを目的としております。

もし個別銘柄の選定を希望されます場合には、価格プランから「個別銘柄のサポートチケット付きオプション」をご選択ください

希望される銘柄5つまで、個別にご提案をさせていただきます。(受講後にお問い合わせよりご連絡ください)

よろしくお願い申し上げます。

よく受け取る質問と回答


インジケータ内に見えている2つの折れ線と縦の棒グラフは、何を表しますか?
当ツールでは、希望する2つの比較対象との乖離を数値化してくれます。折れ線グラフは、銘柄1・銘柄2との乖離を表します。また縦の棒グラフは、2つの乖離度を平均したものとなります。
比較の銘柄に何を入力したら良いのか分かりません
ご安心ください。ツールの利用マニュアル内に代表的な銘柄と、比較対象で入力する推奨銘柄のリストを準備しています。具体的には、「ユーロドル」「ゴールド(ドル建て)」「豪ドル」「ドル円」です。
初期設定のまま表示したらどうなりますか?
当ツールはユーロドル用に初期設定をしております。他の銘柄では効果を発揮しない専用設定ですので、講義内に付属のマニュアルに従って他の指標を入力されるか、ご自身で比較を希望される対象を入力してご利用ください。
利用するのにTradingViewの有料プランは必要でしょうか?
YesでありNoです。仮に比較する対象が演算数式(例えば”AUDUSD-NZDUSD”のような独自の計算式)である場合、無料プランだと日足未満で表示をされないことがあります。演算数式を使わなければ、無料プランでも日足未満の表示が可能です。
希望する取引対象の比較銘柄が分からない場合、教えてもらうことはできますか?
実戦トレーディングカレッジのコース内でご質問をいただけましたら、「こういう考え方はあるよね」というご提案はさせていただいております。
実戦トレーディングカレッジを受講すれば、自動的に使えると考えて良いのでしょうか?
実戦トレーディングカレッジの受講手続きが完了をいたしましたら、「PercentDigger」コースへのアクセスも同時に開始いたします。そちらのカリキュラムへ移動いただき、利用開始の申請フォームに必要事項をご記入ください。24時間以内に受講生の方のTradingViewアカウントへアクセス権を付与させていただきます。
ポンド円・豪ドル円・ユーロ円・ドル円にも対応はできますでしょうか?
当ツールは、比較を希望される取引対象との乖離を表示する機能を提供するものです。ご質問をいただきました銘柄に影響を与える銘柄を入力すれば、その乖離を表示することは問題なくできます。ドル円は講義内に初期設定事例を記載させていただいております。
実戦トレーディングカレッジの受講修了後もツールを利用するには、別途購入が必要となるのでしょうか?
ご確認のとおり、当ツールは実戦トレーディングカレッジ購読特典として受講生の方に無料で解放させていただいております。実戦トレーディングカレッジ購読終了の後にツールの利用を希望されます場合には、別途単独でのご購入が必要となります。

ご注意:「実戦トレーディングカレッジ」受講中の方へ・・・お支払いは必要ありません

当ツールは「実戦トレーディングカレッジ」受講生の方に、無料での利用をプレゼントしております。追加の費用はございません。どうぞ今すぐコースへログインの上で、当コースのカリキュラムへとお進みください。

https://direct.cocosta.jp/p/procom

↑ 実戦トレーディングカレッジ案内ページ

※ 購読の解約手続きを行うまで、当ツールをご利用いただけます。

 

当ツールのここがすごい

当ツールは、複数アセットの力関係を可視化するためのものです。

もともと表計算にデータを流し込み集計が必要だったシグナル化。これをTradingView上で完結するインジケータとして組み立てました。

この複雑な工程を、Tainokoさんに行っていただきました


BTC情報アラートのTwitterアカウントを通じ、無償でビットコインの数値データを提供されたり、TradingViewで動作する高度なインジケータを制作されている方です。

もし一度でもTainokoさんが制作されたツールを利用したことがある方でしたら、そのクオリティの高さに説明は必要ないと思います。

動作は早い。バグはすぐに直す。斜め上からの発想で問題を刈り取る。

当ツールの作成は100% Tainokoさんに行っていただきました。

どうぞ、安心してご利用ください。

 

受講で得られるもの

  • 当TradingView独自インジケータの利用権
  • インストール・マニュアル
  • 14日間の返金保証

おことわり・・・自動売買ソフトウェアではございません

当ツールは、自動売買を目的としたEA(エキスパート・アドバイザー)や、売買タイミングを指示することを目的とはしておりません。そのため、運用成績に関しては、トレーダーの技量次第で異なってくる点をご理解ください。

ご利用者の方が、最終的な売買の判断を下しやすくするための補助ツールであり、売買の最終判断はご利用者様ご自身で行って頂くことをご理解頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

さあ始めましょう!



銀行振込・PayPal・visa/Masterでのお支払い

銀行振込・PayPal・クレジットカードでのお申し込みはこちら

住所の入力を希望されない方も、こちらからお進みください

 

14日間の返金保証

もし期待していた内容と異なったと感じられた場合は、遠慮無く返金を申し出てください。

※ 返金保証の対象は、クレジットカードでのお申し込みに限ります。

  規約の確認は→こちら。

※ 返金保証は予告なく終了します。

よく受け取る質問と回答


どのような銘柄で利用できますか?
すべての銘柄で利用できます。当ツールはユーザ様が指定する取引対象と比較対象のアセットに横たわる乖離を数値化し表示する物です。例えばドル円と日米金利差の乖離(離れ具合)等を数字で確認することができます。TradingViewで取り扱われている銘柄はすべて入力可能です。
閾値に到達したとき遠隔地で知りたいです
インジケータにもアラートを設定することができますので、大丈夫です。
5分足でも使えますか?
比較の対象によります。もしも1ヶ月に一回の更新しかないデータと取引対象の乖離を比較するのであれば月足が適しています。逆にドル円と日米金利差のように、Tick単位でデータが更新されるものは5分足で利用できます。
TradingViewは無料プランでも大丈夫ですか?
有料・無料プラン関係なくご利用いただけます。必要なのはTradingViewの無料アカウントのみです。
銀行振込で受講はできますか?
もちろんです。当ページ内「銀行振込・PayPal・仮想通貨でのお申し込みはこちら」をご覧ください。
どの時間足で動きますか?
通常の比較銘柄でしたら、すべての時間足で動きます。比較銘柄に演算銘柄(AUDUSD-NZDUSD などの計算式を含むもの)を入れる場合は、TradingViewのプランで変わってきます。日足までは無料プランでも表示。日足未満では、ProPlusの契約で表示されます。(2021年1月からTradingView社の仕様変更にともなうものです)
トレーデイングビューのアカウントを変更した場合、インジケータを移転することはできますか?
もちろん可能です。お問い合わせより、以下3点をご連絡ください。 ① トレーディングビュー旧アカウント名 ② トレーディングビュー新アカウント名 ③ ココスタのユーザ名 弊社にて移転作業を48時間以内に行います(無料で承ります)

講師


佐々木 徹
佐々木 徹

佐々木徹(ささきとおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名超の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「BitcoinGeekend」では購読者が2,800名を超える。株式会社ココスタ代表取締役。


今すぐのお申し込みで将来のコース値上げ影響を受けなくなります。

当コースを本日受講を開始された方は、利用料金が改定をされた後でも追加費用を支払うことなく、全ての内容にアクセスをすることができます。

アーリーアダプターが最大のメリットを受け取るのは、どの市場でも同じ。今すぐ、最高のベネフィットを、最も有利なコストで手に入れてくださいね!

「考えろ。しかし行動する時が来たなら、考えるのをやめて進め」 (byナポレオン)

あなたの新しい未来に、今ここから一緒に向かっていけることを、心より嬉しく思っております。