前のレクチャー 完了して続ける  

  当講義で到達できること

こんにちは。

 当講義で身につけて頂くのは、日本の取引所データを使い市場の過熱感を可視化する方法です。

これまで学ばれたシグナルと組み合わせることで、より精度の高いポイントを捉えることを手助けする補完的な位置づけとなります。

 具体的には、ビットフライヤー社のレバレッジ取引と現物市場との価格差を見るというものです。

 既に短期売買をされている方は、使われている方法かもしれません。その場合には、なぜ価格差を使うことで過熱感を計測できるのか?背景の理解に活用ください。

 TradingViewに指定のコードをコピー・ペーストするだけでできる簡便なものです。

 それでは、さっそく進めていきましょう!

2018年6月16日 講師:佐々木徹