前のレクチャー 完了して続ける  

  ビットコインは短期的に売り込まれる地合をファンダ・ポジション・調達金利・採掘コストから確認する


追記:


動画内でレバレッジポジションに言及できなかったので、こちらで追記しておきます。

現状は下のチャート

https://www.tradingview.com/x/6yxqbdOO/

現状では現物組もレバレッジ組も売りに来ていることが分かります。

これら2者が同一の方向を向いているときには、大きな動きは起こりづらい傾向にあります。

逆にレバ組=売り、現物組=買いというずれが生じた場合は、大きな買いが発生することがあります(逆もしかり)

なぜならば、現物組の方が許された保有期間が長いために、短期で決済せざるを得ないレバレッジ組の方が空売りの買い戻しを迫られるためです。

以上、参考にしてみてください。