02.MtGox後の価格墜落から復活までの足取りを再びたどりそうなビットコイン

講義の中でも触れましたとおり、年末までのビットコインは新たな参加者が入ってくる要因がない限りは、一定の範囲で上下を繰り返す「レンジ相場」になる可能性もあります。

レンジと聞くと、いまいち使えないという印象を持たれることがあるかもしれません。ただ、実はレンジ相場ほど味方にしやすいことも事実です。

しっかりとサポート・レジスタンスを見つける手段を持って、時間と価格との交差するポイントを仕留めていく。

そんなトレード方法が向いた環境になりそうです。

引き続き、学んでいきましょう!